Skip to content

プリンスワイキキの100セイルズでの美味しいお昼ご飯 

ワイキキでも一番アラモアナ側、アラワイボートハーバーにも隣接するツインタワーのホテル、プリンスワイキキ。

ロビーには、往時にプリンスワイキキの敷地を流れていたピイナイオ・ストリームを泳ぐヒナナ(魚の名称)をイメージした銅板のデコレーションが飾られています。

このホテルのメインレストランは100セイルズ(ワンハンドレッドセイルズ)。

明るいハワイの日差しの入る窓側からは、アラワイボートハーバーが一望できます。

現在は店内は、ソーシャルディスタンシングを確保するため、ゆったりとしたテーブル配置となっています。

中央に設置されたバーでは、コーヒー、フレッシュドリンク、軽食そしてカクテルを提供しています。

100セイルズは、アイランドフレッシュをコンセプトにハワイ産の新鮮な素材を活用したお料理を用意。従来はビュッフェが人気だったのですが、現在の状況で、アラカルトのテーブルサービスとなっています。

この日は四人でのランチに伺い、前菜としてポケをシェア(1オーダーを一人前づつに分けていただきました)。

ポケのお魚は日替わりなのですが、この日はアヒポケでした。

食事はそれぞれに注文をして、こちらはシーザースサラダ。
ロメインレタス、チェリートマトにパルメザンチーズとクルトンのサラダに、にこの日のお魚(アヒ)を追加(別料金)しました。
フィッシュ&チップスのお魚はアヒ・ベリー。タルタルソースが添えられています。
クラブロールには、カニにベーコン、みじん切りのネギが挟まれていて、チップスもついていました。
この日のフレッシュキャッチ(本日のお魚)はアヒ(マグロ)。パスタには、トマトなども入っていて、ボリュームも十分。
どのメニューもとても美味しく、このレストランが、身体にも自然にも優しい食事を考慮していることが理解できました。

食事のあと、開放感あふれリゾート気分が万傑できるプールエリアを訪れます。

ここからは、ボートハーバーに整然と停泊しているボートや、

マジックアイランドとアラモアナビーチパーク、そしてエヴァの山並みまでを、青い空と海と一緒に眺めることができます。

100セイルの営業時間は、朝食は毎日 午前6時から午前10時まで、昼食は毎日午前11時半から午後1時半まで。夕食は金・土曜の午後5時から午後9時半まで。

日曜日には午前9時から午後1時までのサンデーブランチも提供しています(2021年7月現在)。

Back To Top