Skip to content

1月30日のワイキキと新しいお店チョップチョップロティサリー

1月30日のワイキキは、終日ハワイらしい空を見ることができた穏やかな一日でした。

 

 

お昼のロイヤルハワイアンのタワーの上は、すっきりとした青空。オーシャンローンから見るマイタイ・バーの上も気持ちの良い空が広がっています。

 

 

ピンクのパラソルの向こうのダイヤモンドヘッドには、ハワイの日の光が注いでいます。

 

 

波がしらの見える沖合を、ホエールウォッチツアーのスターオブホノルル号が進んでいました。

 

 

お天気も良く、気持ちのいい一日だったこの日、帰宅前にワイキキの西側、イートンスクエアーにオープンしたチョップチョップロティサリーに立ち寄りました。

 

 

ここは12th アベニュー・グリルやココヘッドカフェを生み出したレストラン起業家のケヴィン・ハネイ氏がプロデュースするお店。イートインとテイクアウトの、いずれもできます。

 

 

カウンターには、サイド(追加料金)となる野菜類が並びます。

 

 

この場所は、以前はスポーツバーだったので、クラフトビールやワインを楽しむこともできます。

 

 

この日は、一番人気(らしい)チキン・チミチュリをテイクアウトしました。今年からホノルルでも発泡スチロールの器は使用禁止になったので、リサイクルの器です。

 

 

カントリーポテトと野菜サラダが付いていて、チキンは柔らかく、ソースも美味しい納得の味でした。

機会があれば、味噌ポーク、ロースト・ショートリブ、ブリュッセルスプラウト(芽キャベツ)などもトライしてみたいと思います。

Back To Top