Skip to content

5月23日のワイキキ

5月23日の土曜日は、雲が広がる時もあったのですが、午前11時半前のクヒオ・ビーチは青い空が広がっていました。

 

 

この朝もレイは飾られていなかったデューク像の横から、

いつものようにビーチに出たかったのですが、ご覧のように、このビーチも工事中で立ち入り禁止。

 

 

やむなく、フラマウンドの横まで行って、砂浜へ出ます。

 

 

浜辺にパラソルやテントを持ち込んで寛いでいるのは、ほとんどが家族連れのようです。

 

 

この朝も波があり、防波堤にあたって、白いしぶきを上げていました。

 

 

フラマウンドのあたりからはビーチが湾曲しているため、ダイヤモンドヘッドは見えないので、以前のワイキキ交番の裏へ行ってみます。

 

 

ただ、このあたりからもビーチに降りることはできません。

 

カラカウア通りに出て、営業を再開したローソンの前を通ります。

 

 

カイウラニ通りとの交差点で横断。

商業活動は一部再開していますが、ご覧のように車は、まだ多くはありません。

 

 

キングスビレッジ跡はぐるっと塀で囲まれていますが、工事は止まっているようで、ひっそりとしています。

 

 

クヒオ通りに出て、インターナショナルマーケットプレイスを横目で見ながら、歩きます。

 

 

丸亀うどんは先週からテイクアウトでの営業を再開しています。でも行列はありません。

 

 

テイクアウトでも、10種類以上のうどんや、てんぷらなどのサイドメニューをオーダーできます。

うどんとつゆは、別の器で持ち帰るようです。

 

 

奥の注文するカウンターまでは、ソーシャルディスタンシングで順番待ちをするようになっています。

 

 

シーサイド通りとの交差点まできました。

正面にシェラトンワイキキが見えます。

この通りのロス(Ross Dress for Less)は、アラモアナセンターのお店などと一緒に、24日の日曜から営業を再開するようです。

 

 

クヒオ通りもカラカウア通り同様に、まだ車の通行は、多くはありませんでした。

 

 

この週末は25日(月)が祝日のメモリアル・デーですが、今年は恒例のアラモアナビーチでの灯篭流しや、パンチボウル(国立太平洋記念墓地)での慰霊式典は中止です。

ただアラモアナなど多くのモールに入店しているデパートのメイシーズは23日から営業を再開し、特売も行うとのこと。ショッピングモールも、ようやく賑やかになりそうです。

Back To Top