Skip to content

ワードセンターとカカアコ 3月15日午後

3月16日のワイキキは、朝からどんよりとしたお天気でしたので、気持ちを明るくするために、今回は青い空が見えていた15日の日曜日の午後のレポートです。

 

 

この日は午後からワードセンターへ。

アラモアナ大通りから建物中央への通路に入ります。

最近はいろいろなところにセルフィーポイントがありますが、ワードセンターは、元気寿司の並びにあります。

 

 

この日は、パワーストーンなどの専門店のセドナへ立ち寄ります。

 

 

セドナでは、今度の週末に、クリスタル商品などのイベントが予定されています。

 

 

店内には、さまざまなパワーストーンが置かれています。

詳しくない私には、よくわかりませんでしたが、一角には招き猫。これも日本発祥のパワーの元なのでしょうね。

 

 

ワードセンターのあとは、歩いて5分ほどのホールフーズへ。

 

 

ラニカイジュースで、地元産の野菜とリンゴ、バナナなどのスムージー、スーパー・グリーンで、エネルギーを補充しました。

 

 

その足で、カカアコのSALTへ行きました。

 

 

SALTの建物にもPOWWAWの壁画アートがいろいろとありますが、モーニングブリューコーヒーハウスのコーラル通り側の壁には、TOKIDOKIとのコラボレーションのアートが描かれています。

 

 

お隣のホットドッグのハンクスの壁面は、パイナップルトトロとダ・ネコバス。記念写真の人の列ができていました。

 

 

アウアヒ通りには、ウルトラマン(たぶん)とドラエモンのアート(光の関係でくすんでしまいました)。

 

 

その近くにも、もう一人(?)、トトロがいます。

 

 

すぐ横の角を曲がると、POWWAWハワイのジェネラルストアがあるのですが、ここには、今年の人気のアートの一つである天狗のお面をつけたスヌーピーがいます。

 

 

時刻は午後3時前。アラモアナ大通りに出て、空を見上げると、空には雲が流れていました。

 

 

16日にも、アラモアナセンターの営業時間短縮など、COVID-19関連のニュースがながれていますが、カカアコの可愛いアートを見ながらの散策は、ちょっとした気分転換になりました。

Back To Top