Skip to content

ワイキキ シーサイド通りに新しいテイクアウトのお店が2つできました

ワイキキのシーサイド通りに、新しいテイクアウトのお店が二つ、10月後半にオープンしました。

 

 

まず、ワイキキショッピングプラザの裏側、おむすびのいやす夢のお隣にできた、インドカレー料理のコキズ(Koki’s)です。

このお店は、マノアにキッチンがあって、ファーマーズマーケットでも、カレーペーストなどを買うことができます。

 

 

テイクアウトオンリーのワイキキ店のメニューはすべてベジタリアンですが、お店の方によると週末はチキンカレーを用意する予定もあるということでした。カレー弁当が10ドルで、スパイシーなカレーがお好きな方はポテトヴィンダルー(Poteto Vindaloo)はいかがでしょうか。

 

 

この日は、二人でいったので、それぞれにカレーを注文し、ベジサモサ(7ドル)を分けました。

 

 

上の写真のトマトとオニオンベースのカレー(Veggie Tikka Masata,)はあまり辛くなく野菜の具沢山でした。
もう一つはインディアンコッテージチーズの入ったほうれん草ベースのカレーPalak Panner。

 

 

ほうれん草カレーの方は少しスパイシーでしたが、グリルしたチーズと相性良くとっても美味しかったです。
サモサには2種類のチャツネソースがついていて、赤いのはクランベリーで甘酸っぱく、緑のソースはパクチーがきいてて、どちらのソースも同じくとっても美味しかったです。
飲み物の種類も豊富で、いろいろなスパイスのきいたティーやミルクティーがあります。
またスパイスやカレーのソースも別で売っていますので、お家で好きな具を入れて作りたい方には朗報です。

 

もう一つのお店は、アラワイ運河の手前のコンドミニアム、アイランドコロニーの1階ロビーでできた、アイエアのローカルダイナー、フォーティーナイナーズのワイキキ店です。

 

 

アイエアの本店は、日本のテレビ番組でも紹介されたことがあり、私も二度ほど行ったことがありますが、そのメニューがワイキキでも食べることができるようになりました。

 

 

このお店も基本的にはテイクアウトで、アラワイ運河側にテーブルもありましたが、今は使用不可となっているようでした。テーブル側にはアイエアのお店の写真とお店の歴史が記されていました。戦争中は第442連隊戦闘団に加わっていたチャガミ兄弟が帰国後の1947年に開業したということは、初めて知りました。

 

 

メニューは、ロコモコにオムレツ、パンケーキにプレートランチなど、いろいろとありましたが、この日はスペシャルとなっていたフォーティーナイナーブレッックファストをお願いします。

 

 

こちらが出来上がり。たまごはオーバーイージー、お肉はポルチギーソセージを選びました。

 

 

ご覧の通り、これぞハワイのローカルプレートという野菜のまったくない(正確にはチャーハンにネギのみじん切りがはいっていましたが)ブレックファスト。このようなローカルメニューを10ドル以下で買うことができるのは、ありがたく、美味しくいただきました。
Back To Top