Skip to content

ハワイ州が目指す方向

ハワイ州は、これまで訪問者数を増やすための観光戦略を優先し、その結果、2019年は、渡航者数が年間1000万人超え、ハワイの自然環境に大きな影響を与え、住民の観光業への満足度が低下していました。

 

それを受けハワイ・ツーリズム・オーソリティは、旅行者も住民も満足する観光地としてマーケティング戦略に転換しました。

そして、「2025年までのハワイ州観光戦略」では、「自然保全」「文化継承」「コミュニティリレーション」「ブランドマーケティング」を主軸の4本柱として掲げました。

自然保全

自然・文化的資源の尊重 ハワイの自然資源や文化遺産の保護活動を支援し、住民の生活の質を改善し、旅行者の滞在体験を向上させるために、ハワイの自然資源と地域遺産の保全活動を支援するプログラム開発を行います。

 

 

文化継承

州民や旅行者へ本質的で正確なハワイの文化体験を提供するために、文化団体との協力をえて、ハワイの固有の伝統文化と地域社会の独自性を継承し、理解と尊重を高めます。

 

 

コミュニティー リレーション

地域社会が評価し、ハワイの観光戦略に沿ったプログラムを支援することで、住民と地域社会が確実に観光の恩恵を受けられるよう努めます。州民と旅行者の関係性を強化することで、よりレジリエントな観光と地域社会の確立を目指します。

 

 

ブランド マーケティング

ハワイ固有の文化や多様な地域社会、自然環境に焦点を当てることで、ハワイのブランドを守り、ハワイ経済を支え、観光業を通じた社会貢献を強化します。
そのために、「ポノトラベラー(責任ある旅行者)」を誘致するレスポンシブル・ツーリズムを推進します。

 

 

ハワイへ訪問する観光客に向けて、責任ある観光客となってもらうために、ハワイ渡航前から啓蒙活動を行っています。

Back To Top