Skip to content

アラモアナ界隈 5月5日

5月5日もホノルルは、青い空と白い雲の皐月ならではの一日でした。

 

 

お昼休みにアラモアナへ。見上げると駐車場の塀には、きれいなお花のプランターが置かれています。アラモアナ公園も海側の通路には、ぎっしり車が停まっています。

 

 

センターの建物に入ります。マカイフードコートは休業を利用して、メインテナンスが行われていました。

 

 

センターステージの上には青い空。

でもまだ2階から上には、入ることはできません。

 

 

営業しているクッキーコーナーにはお客様がいました。

自宅待機が始まって以来、何回かここは通りましたが、お客様がいたのは初めてです。

 

 

ステージ横のABCもオープン。

買い物する人はいるのかなと思いましたが、営業しているお店の人やセンターの管理の人が来るのでしょうね。

 

 

カピオラニ大通りに出て、東側を眺めます。まだ車は多くはありません。

 

 

自宅待機により、アラモアナ・センターが休業になってから、コナ通りのバス停は利用中止になっていますので、通常はこの通りを経由していない系統のバスも来ます。

 

 

この日お昼休みに出かけたのは、アラモアナビルにあるドクターオフィスで薬をいただくため。

アラモアナビルのエレベーターホールからは、マウカ(山)側にウォルマートからマキキの方面を見ることができ、

 

 

マカイ(海)側はアラモアナセンターとアラモアナ大通りに沿って立ち並ぶコンドミニアムの向こうの海が見えます。

 

 

薬を受け取った後は、NIJIYAへお弁当を買いに立ち寄ります。中央の新しいビルは、上の写真にも写っています。

 

 

先だって、端午の節句の和菓子がないと記事に書きましたが、ハワイでは、こどもの日のこの日、NIJIYAにはクルクルとのコラボのケーキと並んで、柏餅がありました。

 

 

この日、ハワイ州のイゲ知事がCOVID-19の感染抑制の目途がみえてきたということで、7日から一部の経済活動再開の方針を発表し、これを受け、ホノルル市のコードウェル市長も詳細な再開案を検討するということです。

まだ自宅待機の解除は先ということですが、ハワイも少しづつ、前向きに動き始めたようです。

 

 

Back To Top